「EC-CUBE 3.0.18」リリース

EC-CUBE, NEWS

2019年7月10にEC-CUBE3.0.18 がリリースされました。

主な改善内容

Composer Updateにより、Symfonyのセキュリティが強化されました。

アップデートに関する影響について

Symfonyフレームワークのセキュリティ強化のため、後方互換性のないアップデートが含まれます。
そのため、既存プラグイン及び本体カスタマイズされているサイトに対して、一部修正が必要となる可能性があります。

詳しくは、「EC-CUBE 3.0.18」リリースに伴う影響につきましてをご確認ください。

EC-CUBE3系システム要件

分類ソフトウェアVersion動作確認済み
WebServerIIS8.x8.0
WebServerApache2.2.x / 2.4.x
(mod_rewrite / mod_ssl 必須)
2.2.15
PHPPHP5.3.9 ~ 7.1.x5.4.39 / 7.0.9 / 7.1.2
DatabasePostgreSQL8.4.x / 9.x
(pg_settingsテーブルへの参照権限 必須)
8.4.20
DatabaseMySQL5.1.x / 5.5.x / 5.6.x / 5.7.x
(InnoDBエンジン 必須)
5.1.73
DatabaseSQLite(開発用途向け)3.x3.6.20

EC-CUBE2系からのバージョンアップ

「消費税率の変更前後で、整合性のとれた受注管理が行える」点と、「将来や海外の税率も考慮した、柔軟な税率管理が行える」EC-CUBへのバージョンアップやプラグインの開発など、多数のお問い合わせ、ご依頼ありがとうございます。

EC-CUBEのバージョンアップやカスタマイズなどのご相談や料金のお見積りなど、お気軽にお問い合わせください。

 

EC-CUBE3系へのバージョンアップご案内

最新の機能で売上アップ! 顧客満足度向上も実現!
セキュリティ対策強化! 安心してECサイト運営を!

古いバージョンは危険!バージョンアップでセキュリティ強化!新機能追加で売上アップ

EC-CUBEバージョンアップのご相談はこちら!

EC-CUBEバージョンアップ
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧